【サッカー人気4位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

赤鯱新報

【写真で振り返るLOVE GRAMPUS Festa 2015】絵心選手権Part2:巨匠・楢崎正剛画伯の最新作にして至高の一作「カワマタくん」が誕生!

【絵心選手権Part2】

これがファン感のメインイベントといっても過言ではない伝説のコーナー。ここでは画伯たちのすべての作品を紹介します!まずは最初のお題「名古屋と言えば…?」。小川佳純画伯は「名古屋と言ったら楢崎正剛でしょう」と豪語。楢崎は「アゴが出ているのはいいにしても、ノド仏が出すぎやろ!」とツッコミ。

これがファン感のメインイベントといっても過言ではない伝説のコーナー。ここでは画伯たちのすべての作品を紹介します!まずは最初のお題「名古屋と言えば…?」。小川佳純画伯は「名古屋と言ったら楢崎正剛でしょう」と豪語。楢崎は「アゴが出ているのはいいにしても、ノド仏が出すぎやろ!」とツッコミ。

「名古屋と言えば」で楢崎正剛画伯が思いついたのは「エビフライ(えびふりゃー)」。理由は「すぐ書けそうだったから」とまずは牽制程度の作品を披露。

「名古屋と言えば」で楢崎正剛画伯が思いついたのは「エビフライ(えびふりゃー)」。理由は「すぐ書けそうだったから」とまずは牽制程度の作品を披露。

田中マルクス闘莉王画伯の「名古屋と言えば」はかなりマニアック!水面から突き出した3つの背びれは名古屋港水族館のシャチたち。「名古屋といえば水族館か動物園ばっかり行ってるからね。シャチの1頭がね、ヒレが曲がっているんですよ。知らない!?」とのこと。筆者は知っていましたが、それにしても良いところ見てますねー。

田中マルクス闘莉王画伯の「名古屋と言えば」はかなりマニアック!水面から突き出した3つの背びれは名古屋港水族館のシャチたち。「名古屋といえば水族館か動物園ばっかり行ってるからね。シャチの1頭がね、ヒレが曲がっているんですよ。知らない!?」とのこと。筆者は知っていましたが、それにしても良いところ見てますねー。

(残り 3077文字/全文: 3656文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4 5
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック