【サッカー人気5位】【J1展望/清水エスパルス編】Jでは不…

赤鯱新報

【7/4練習レポート】攻撃のテーマが明示された練習試合。「自分たちのスタイルをしっかりやろうと、闘莉王さんと話していたんです(矢田旭)」(2000文字)

西野朗

びわこ成蹊スポーツ大学との練習試合に臨む10名のフィールドプレーヤーたちが、西野朗監督からの指示を聞く。

キャンプ4日目はギリギリのタイミングでびわこ成蹊スポーツ大との練習試合が決まり、練習ピッチには多くのサポーターが詰めかけた。しかしU-22日本代表から合流した小屋松知哉を加えてもフィールドプレーヤーが15名しかいない状況ということもあり、試合形式は35分×2本の変則ルールに。キャンプの仕上げというよりは、来週の2ndステージ開幕戦へ向け、ここで実戦形式を交えておきたいという判断の方が強いという意向が感じられるものとなった。

(残り 1899文字/全文: 2231文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック