【サッカー人気3位】村井チェアマンの英断と日本選手の民度の…

赤鯱新報

【名古屋vs浦和】本多勇喜選手「切り替えます。それ以上は何もありません」、牟田雄祐選手「自分自身がもっと強くならないと」

■2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第4節
7月25日(土)名古屋 2-1 浦和(19:04KICK OFF/パロ瑞穂/17,624人)
得点者:19′ オウンゴール(浦和)、20′ 川又堅碁 (名古屋)、63′ 矢野貴章(名古屋)
———-

●本多勇喜選手
Q:今日のパフォーマンスは自分でも納得いかないのでは?
「しょうがないっすね…。切り替えます。それ以上は何もありません。また頑張ります」

●牟田雄祐選手
「ノーコメントっす(苦笑)」

Q:こういうこともあります。
「ま、そうっすね。やるしかないから、でも別に…。難しい試合でしたね。粘り強く戦えたのかとは思いますけど」

(残り 463文字/全文: 748文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック