【サッカー人気4位】マルコス、エジガル、杉本竜士、遠藤渓太…

赤鯱新報

【松本vs名古屋】プレビュー:しぶとくタフに、粘り強く。7月の勝利を支えた要素を取り戻すべく、名古屋は松本から再出発する。

■2015明治安田生命J1リーグ 2ndステージ第7節
8月16日(日)松本vs名古屋(18:00KICK OFF/松本)
スタジアム各種情報(松本公式)
———-

_SCF7990

完敗のショックから気持ちを切り替える、だけでなく、濃密だった7月の戦いを思い出すことが今の名古屋には必要だ。前節の試合前、誰もが絶好調の最中のリーグ中断について「問題はない」という発言を繰り返してきたが、横浜FM戦を見ればその影響は想定外に大きかったことがわかる。横浜FM戦を振り返り、自身も珍しくミスを連発した矢野貴章は「注意力が欠けていた。でも、今まではそこで失点につながってなかった」と言った。これが松本戦で勝機を見出すためのヒントになる。

矢野はまた、こうも言っている。「やっぱりリーグ中断で、勢いは途切れましたよ」と。一見すると言い訳にも聞こえる台詞だが、7月の快進撃を振り返ればその悔しさは理解できる。

(残り 1639文字/全文: 2029文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック