【サッカー人気5位】戦い方はハマる相手。難攻不落のサークル…

赤鯱新報

【小倉隆史新監督就任記者会見(3)】会見後の記者質問/指導歴がないと心配されますけど、ポケットの中にはいろんなものがいっぱい入っているんじゃないかと思う(久米社長)

豊田章男会長、久米一正社長と写真に収まる小倉隆史GM兼監督。笑顔が堅いです!とカメラマンに言われながらのフォトセッションとなった。

豊田章男会長、久米一正社長と写真に収まる小倉隆史GM兼監督。笑顔が堅いです!とカメラマンに言われながらのフォトセッションとなった。

~会見後の記者質問~

●小倉隆史新監督
Q:「シンクロするようなサッカー」でイメージするチームはありますか。
「オリジナルと言っても局面、局面でね。ベンゲル監督とサッカーをしていたときも、流れるようなサッカーはやっていて心地よかったですし。キーワードとしてのシンクロとなっていくと、ダイレクトプレーだったりとか、そういったものが5人目というところにつなげていけると、GM補佐として見ていても、相手チームでもポンポンと流れると『おおー!』と沸きますよね。そういうところで同調して、共感していく部分をチームで出していけたら、自分としてもやりたいなと思ったことで、シンクロという言葉になりました」

Q:西野監督から受け継いだものといえば?
「実際、中に入ったのはこの半年なんですけども、厳しい現状の中で西野監督だからやれた戦いだったと思うので。そういったところでの采配や、厳しいチーム事情の中でのやりくりをやっていただいたので。結果的にというところかもわかりませんけど、若手の起用ということにもなったかと思います。そういったところでは僕も育てていかなければいけない選手を来季へ向けて考えていきたいと思います」

(残り 6132文字/全文: 6760文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ