【サッカー人気1位】相手のミスを咎めるのは勝利への近道 「…

赤鯱新報

小倉隆史GM兼監督試合前日会見の様子。「プランはあるし、選手には伝えてある。その狙いが出れば、チャンスは増えると思う」

●小倉隆史GM兼監督
Q:ナビスコカップ初戦が迫っていますが、別の大会が始まる感覚はありますか。
「まあまあ、そうですね、それはありますね」

Q:相手の大宮はショッキングな大敗から中2日での試合になります。
「試合は見てましたけどね。中2日の日程の中でどんな感じなのかはわからないですけど、相手の状況は考えずに自分たちがやるべきことをしっかりやってというところですけどね。アウェイだけどしっかりと」

Q:今季の大宮の印象はどのようなものですか?
「どんな印象でしょうね…。堅実な感じですかね。守備もブロックを作って3ラインの4-4-2でやりながら、行けるところは高い位置から奪いに行って。オーソドックスといったらあれだけど、ブロックを作った守備からムルジャというターゲットがあるところで。左サイドには泉澤がいるとうことで、左を中心に攻めながら、そこにアクセントをつける家長がいて。タレントはいるんじゃないかなと思いますけどね」

(残り 1803文字/全文: 2210文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック