今だから明かせるJ2のキーマン対策法。戦術家・北野誠のスカウティングレポート(J論)

赤鯱新報

小倉隆史GM兼監督試合前日会見の様子。「経験値の少なさ、若さを跳ね返すぐらいの積極的なプレーを最終ラインで見せてくれたらいい」

口角泡を飛ばす勢いでまくし立てる小倉隆史GM兼監督。

口角泡を飛ばす勢いでまくし立てる小倉隆史GM兼監督。

中3日の準備期間はあっという間に過ぎ、早くも鹿島戦が目前に迫ってきた。昨日の非公開練習の際には入念に課題とその対策についてを洗い出し、セットプレーの対応について話し合ったというチームだが、前日練習では早くもその内容が明らかにされた。

ウォーミングアップを早々に済ませたチームはフォーメーションへと入っていったが、スタメン組はほぼローテーションなし。しかし微妙にメンバーが入れ替わっている。センターバックでコンビを組んだのは、大武峻とオーマンだった。小倉隆史GM兼監督は「彬も出続けているし、ここで大武とオーマンの組み合わせも見たかった」と説明。沖縄キャンプでの鳥栖との練習試合以来となる実戦形式でのコンビは、こと高さにおいては文句なしの組み合わせ。指揮官も「高さでは力を発揮してもらわなければいけないし、気になるのは経験値の少なさ、若さというところですが、そこを跳ね返すぐらいの積極的なプレーを最終ラインで見せてくれたらいい」と期待をかける。

試合前日とあって、練習はコンパクトにまとめられた。アップが済むとすぐさまフォーメーションへと移行。ここでも小倉隆史GM兼監督は念入りに指示を飛ばしていた。

試合前日とあって、練習はコンパクトにまとめられた。アップが済むとすぐさまフォーメーションへと移行。ここでも小倉隆史GM兼監督は念入りに指示を飛ばしていた。

(残り 3197文字/全文: 3856文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック