【サッカー人気4位】村井チェアマンの英断と日本選手の民度の…

赤鯱新報

【湘南vs名古屋】安田理大選手「勝利に結びつくようなプレーを増やしていきたい」大武峻選手「後手後手になったところがある」

■2016明治安田生命J1リーグ 1stステージ第14節
5月29日(日)湘南 2-1 名古屋(18:34KICK OFF/BMWス/10,147人)
得点者:41’端戸仁(湘南)56’イ スンヒ(名古屋)81’菊池大介(湘南)
———–
●安田理大選手
Q:今日はサイドハーフでのスタートでした。
「まあ練習でもやっていたし、オレの中では自分をサイドバックと思ってもいないし。どこでもできるのが自分の良さだし。ただあまりボールが入ってこなかったので、ボールを触る回数は少なかったです。前半のリズムはもったいなかったなと思いますね。90分を終わって、反省してみると」

(残り 2172文字/全文: 2451文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック