本田圭佑の響く言葉,自然に出てくる日本とドイツの違い『今週の清水英斗おすすめ3本』(J論)

赤鯱新報

【10/12練習レポート】激しく厳しく攻撃の意識を追求した練習は、1日を通して高質なものに。「もうちょっとピリっとした感じにしないとね。今度が大一番なので」(田中マルクス闘莉王)

フリーランニングからウォーミングアップを始めたジュロヴスキー監督。「今日から攻撃の練習をする」と選手たちには説明していた。

フリーランニングからウォーミングアップを始めたジュロヴスキー監督。「今日から攻撃の練習をする」と選手たちには説明していた。

昨日の小休止を経て体力を回復したチームはいよいよ攻撃面のブラッシュアップに取り掛かった。午前練習が始まる際にジュロヴスキー監督は「今日は攻撃の練習」と選手たちに明確に伝え、新たなセッションがスタート。キャンプイン直前にウォーミングアップとして行ったフォーメーションを組んでのパスワークで体を温め、このキャンプではもはや恒例の流れともなったスモールコートでの紅白戦へ一気に突入していった。

(残り 1979文字/全文: 2301文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック