【サッカー人気4位】J2第1節大宮アルディージャ戦「夢の続…

赤鯱新報

【赤鯱短信】名古屋グランパス「〇〇〇〇部」発見。知られざるその生態を探った。

瓢箪から駒とはこのことか。このところ櫛引一紀と高橋諒がいつも一緒に行動しているので、永井龍&和泉竜司ペアのように仲良しコンビ誕生かと思い、話しかけたのがきっかけだった。

「諒がずっとついてくるんですよ、ずっと」(櫛引)
「違いますよ、クシくんが『待ってて』って言うんですよ」(高橋)
「言わねえよ」(櫛引)
「年も同い年ですし」(高橋)
「お前が1歳下だろ!」(櫛引)
「タメ年みたいなもんですよ」(高橋)
「先輩を敬え!」(櫛引)

まるで夫婦漫才のようなやり取りの中から出てきた“駒”が、大人気ゲームソフト「モンスターハンター」だ。

「でも、確かに一緒にいますね。気づいたら横にいました。食事もちょくちょく行きますし、一緒にゲームやってるんで。ゲーム? モンスターハンターです。ウチ、いま“モンハン部”ありますよ。タケさん、コバくん、オシくん、考起、青木、隼平…みんなで夜になると狩りに行ってます。クシくんが一人先走って行っちゃうんですよ。どんどん強くなってっちゃうんです」

情報提供者のR・Tさん(背番号24)

これは良いことを聞いたと思い、それから数日、筆者は取材の合間を縫ってモンハン部の生態を探った。まずは青木亮太である。

(残り 2313文字/全文: 2885文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック