『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

赤鯱新報

【赤鯱短信】攻撃を加速させる得意技。佐藤寿人の小粋な“ボール落とし”。


今回はちょっとしたスキルのお話。佐藤寿人のプレーを見ていて、こんな場面に「おっ!」となったことはないだろうか。ボールを持っているのは佐藤で、だいたいがポストプレーや中盤に下がってパスを受けに来た時である。ボールをキープする佐藤はDFのプレッシャーに圧されるようにしてタッチライン際に流れていってしまう。ここぞとばかりに詰めてくる複数の相手選手、しかし――。

佐藤はそこでノールックのヒールパスを2人のDFの間を抜いて通し、走り込んだ味方が悠々と前へボールを運んでいく。DFたちを手玉にとるようなトリックは、見ていてなかなかに爽快なものがある。このプレー、実は練習でもよく見られ、ボール回しや紅白戦でも目にすることはしばしば。このところは公式戦のピッチでも徐々に披露されるようになってきた。ワンタッチシュートが代名詞の彼だが、このヒールパストリックも印象としてはそれに近いものに思えてきたので、いよいよ聞いてみることにしたわけである。あれは得意技の一つなのですか、と。

(残り 1005文字/全文: 1437文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ