【サッカー人気2位】「Jリーグは甘くない。相手は死に物狂い…

赤鯱新報

【2017シーズン全選手レビュー】荻晃太:堅忍不抜の1年間。不屈の心を見せつけたベテランのプロフェッショナリズム。

GK22 荻晃太
J2リーグ0試合出場

21分間。荻晃太が今季経験した、実戦の数字である。手元のメモによればそういうことになる。実戦といっても練習試合のことで、6月11日の名古屋学院大学とのトレーニングマッチの後半24分、武田洋平に代わってピッチに入っている。これが彼にとって2017年で唯一の“出場機会”だった。

最低の1年だっただろう。ひたすらとフィジカルトレーニングに汗を流したプレシーズンから、彼がセービングを披露する機会は非常に限られていた。

(残り 957文字/全文: 1179文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック