【サッカー人気2位】「Jリーグは甘くない。相手は死に物狂い…

赤鯱新報

ジョー選手加入記者会見レポート「これから始まる新しい挑戦と、自分にとって名古屋グランパスでのより良い1年となること、そしてサポーターの皆さんの応援がいただけることをお願いしたい」

本日行われた、ジョー選手加入会見の様子をお届けします。


○小西工己社長あいさつ
「みなさんおはようございます! 本日は遠いところまでお運びいただきありがとうございます。本日、皆様方の前でジョー選手の加入を発表させていただいていることを非常に嬉しく思っております。
12月3日にJ1復帰が決まりまして、そこから編成にかかりました。いわゆるチーム、風間監督を中心にチームともいろいろ相談した結果、『センターラインの強化をしたい』と。そういう話になりまして、その一番の目玉として、FWとしてブラジルで大変な成果を挙げていたジョー選手に白羽の矢を立てたということです。そしてその後の交渉の結果、本日の発表となったわけです。皆さんもご高承の通り、ジョー選手は去年のブラジル一部リーグで34試合18得点、MVP、得点王、そしてベストイレブンにも選出されるなど、FWとして申し分ない成績を挙げています。我がチームにこの力が加わることで、なお一層に攻守一体となった攻撃的なサッカー、グランパスの掲げるサッカーをより強く前に推し進めることができるのではないかと期待しています。
さらにはカップ戦を含めて45試合に出場し、25得点という素晴らしい成果もあります。年間を通じてタフに、前に突き進んだ成果ではないかと思います。これからキャンプ、そして2月の開幕戦を控えていますけれど、新しい選手とジョー選手がグランパアスのコアのポイントゲッターとして大きく羽ばたき、そしてさらに大きな選手になってもらえることを私は期待しています。
この会見場に来るまでに少し話をしましたが、今はちょっと緊張していますが、とてもフレンドリーで明るくて、笑顔の素敵な青年です(笑)。私はジョー選手と一緒にこれから戦えることを楽しみにしております。皆様方からも温かいご支援、ご声援をいただき、名古屋グランパスがもっと前に進めるように、後押しをお願いします」


○ジョー選手
「こんにちは。まずは集まってくださった皆さんに心からお礼を申し上げます。そして神様にも感謝をしたいと思います。これから始まる新しい挑戦と、自分にとって名古屋グランパスでのより良い1年となること、そしてサポーターの皆さんの応援がいただけることをお願いしたいです。自分は自分の仕事をして、より良い結果が残せるように努力します」

※ここで小西社長より、「我々の期待も込めて背番号7をつけてもらいたいと思います!」と発表があった。

【代表質問】
Q:グランパスへの加入が発表になって、ようやく日本に降り立ちました。今の気分はいかがですか。
「まずはすごく嬉しいです。グランパスのことは以前から友達の選手に聞いていたのですが、これからは自分がそのグランパスを背負って戦うことになったので、嬉しさとともに頑張りたい気持ちも強いです」

(残り 2851文字/全文: 4012文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック