サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

赤鯱新報

【クラブニュース】契約更新のトリを飾ったのはやはりこの男。「今年はとにかくゴールに絡む。それを追求していきます」


昨日1月11日、ジョーの加入会見が行われている最中の11時11分、クラブの公式LINEに一通の新着メッセージが届いた。会見中には確かめることができなかったのだが、後々確かめてみると佐藤寿人の契約更新の発表だった。これまでは午後に届くことの多かった報せがなぜこの時間に届いたかといえば、もちろん佐藤のこだわりである背番号11にちなんでのこと。しかしこれは佐藤の希望ではなく、クラブの粋な計らいだったという。正式に2年目の名古屋でのシーズンを戦うことが決まったキャプテンは、「クラブがやってくれました(笑)」と、感謝の気持ちとともに始動の日を迎える。

公式コメントでは「昨シーズン、グランパスを愛する多くのファン、サポーターの皆さんと起こした名古屋の風を、J1の舞台で更に大きな風に変えていきましょう!」と呼びかけた佐藤だが、自身の経験からJ1復帰1年目のシーズンの難しさもまた理解している。「18番目のスタートから、上がっていくだけ」という心持ちは今季の名古屋を取り巻くすべての人々が自覚すべき立ち位置だろう。しかしその上で佐藤は名古屋で迎えた2018年のJ1リーグに期待も抱いている。昨年取り組んだパーソナルトレーニングはオフの間も継続され、コンディションは昨季以上の良い状態をキープ。自身にとってもJ1で健在をアピールするシーズンの幕開けに、待ちきれない様子だった。

チーム始動日はついに明日に迫った。新たな戦いが始まるいま、チームの絶対的支柱の思いをここにお届けする。

(残り 2665文字/全文: 3299文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題