赤鯱新報

和泉竜司「ミドルシュートも含めて自分もシュートを打てるチャンスがあった」【4/15練習後の選手コメント】


○和泉竜司選手
「昨日の試合は攻撃で言えば、自分たちがボールを保持している時間は長かったですけど、シュート数を見れば相手の方が多かったです。チャンスも相手の方が多かったので、こちらはボールを持っているだけになっていたというか、相手は最後の部分ではしっかり人数を揃えていて、クロス対応も厳しくしてきました。やっていて思ったのは、中を崩すのはなかなか難しいなと。そこでもう少し、ミドルシュートも含めて自分もシュートを打てるチャンスがあったと思います。そこで打つこともそうですし、その前の質としてパスや止めること、そういった部分の技術の面で打つことができなかった場面もあったので、そこは一人ひとりが意識してやることが大事です。まずは最初にシュートを意識したトラップやパス、個人で仕掛ける部分も合わせて、チームとして取り組むことが必要ですね。もちろん質が良くないと、J1は一つのミスでシュートが打てなくなることを、昨日の試合では感じました。

(残り 1091文字/全文: 1506文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ