赤鯱新報

前代未聞の決定にもチームは存外に冷静。オフ明けの二部練習は、テーマも明確にこなされた。「今回の決定は奈良クラブにとっては不運で、我々にとっては少し幸運な部分もある」(ランゲラック)【6/12練習場レポート】

午後もしっかり晴れ渡ったトヨタスポーツセンター。練習開始ギリギリまで散水が続けられたピッチでは、GK陣が先にウォーミングアップを始めていた。


3連休の間に天皇杯のPK戦やり直しという前代未聞の“アクシデント”が起きたチームだったが、オフ明けの選手たちは落ち着いたものだった。思えばオフ前に大森征之スポーツダイレクターが選手たちに伝えたのはこれだったかと思うわけだが、それにしてもあれは物々しい雰囲気だった。大会の勝敗、相手チームの心情、そして自分たちのやり切れない思い。チームの心中を察すればそれは確かに余りあるものがある。

(残り 1607文字/全文: 1936文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ