赤鯱新報

【赤鯱短信】青木亮太、静かなる復帰。誓う“違う感覚”でのプレーに高まる期待。

「もちろん来週からの試合に絡んでいきたいけど、もうリハビリには戻りたくないというのが一番です」

偽らざる本音である。この2か月近くあった中断期間を、ほぼ治療とリハビリに費やすことになったのだから無理もない。チームメイトは新任のフィジカルコーチの下で肉体改造に励み、動きの質をじわじわと変えてきている。八反田康平などはてきめんに効果の出た選手で、素晴らしいパフォーマンスを日々見せて、リーグ戦での出番を得ようと必死にアピール中だ。そうしたチームの流れのなかで、7月8日に全体練習に戻ったばかりの青木亮太にとって、現状は何とも芳しくない。だが、焦って来た道をまた戻ることだけは絶対に避けたい。表情には出さないが、青木は復帰の喜びと再発防止の緊張感との板挟みに、日々複雑な思いを抱えている。

(残り 1867文字/全文: 2208文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ