【サッカー人気3位】【コトノハ】岡本拓也「もっとよくなると…

赤鯱新報

畑尾大翔「やっぱり試合に出ないことには始まりませんし、今回の期限付き移籍で年齢的な部分も少し考えました」

○畑尾大翔選手

Q:今回の移籍はいつ頃から考えていた話だったのでしょうか。
「いつ頃…同じポジションの選手が二人入ってきて、この中断期間にということはそういうメッセージというか、意図は誰が見てもわかるし、そのあたりからですかね、考え始めたのは」

Q:選択肢はいろいろあったのでしょうか。
「いや、こういう状況になって、代理人と相談したら大宮がけっこう早いタイミングで声をかけてくれて。そこから自分の方からアプローチを他にはしていないし、大宮だったらJ1に上がれるチャンスもある良いクラブだと思っています。特にほかのチームを探そうとはしませんでしたね」

Q:大宮からの評価はいかがでしたか。
「今年の映像を監督、強化、スタッフみんなが見てくれて、去年の甲府での試合も見てくれていました。僕の特徴を理解してくれているなと思えましたし、逆に弱い部分も理解してくれているから、けっこう映像を見てくれたんだなと思えました。この短い期間ですぐにチームに馴染まなければいけない中で、そうしてしっかり映像を見たうえで判断をしてくれたんだなと思えましたし、それが伝わってきました。そういった点が嬉しかったですね」

(残り 1237文字/全文: 1728文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック