『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

赤鯱新報

【名古屋vs鹿島】プレビュー:恐れることなく挑むは今季初の3連勝。満員の豊田がそれを後押しする。

■明治安田生命J1リーグ第21節
8月11日(土)名古屋vs鹿島(18:00KICK OFF/豊田ス)
———-

成長あるいは進化を見せつけるには、格好の舞台が整った。鹿島との前回対戦、0-2の敗戦を振り返って風間八宏監督はこんなことを言っていたからだ。

「ハーフコートが自分たちのものになってきた。しかし勝つためには最後のゴール前の部分を養っていかないといけない。ジョーの使い方をみんなわかってきたし、そこにどう入っていくかを作っているところ」

それはまさしく前節の勝因でもあった。敵陣で多くの時間をプレーし、2失点は喫したがジョーを上手く使ってゴール前のプレーを3つのゴールに結びつける。シーズンを折り返し、新加入選手たちの力を借りてようやく浮上のきっかけをつかんだ名古屋が次にすべきは、相手がどこであろうと同じ狙いで同じ結果を出すことだ。ACLに日本勢で唯一生き残っている強豪を迎え撃ち、アウェイとは逆の成績を残すことができれば、彼らの勢いは本物の強さとして自他ともに認めるところとなる。

(残り 2221文字/全文: 2668文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題