【サッカー人気1位】秋葉忠宏監督「ゴール前の執念が少し足り…

赤鯱新報

【赤鯱短信】児玉駿斗はまだ50%。表現者は飄々として我が道を行く。


徐々にではあるが、着実に“秘密兵器”としての価値を高めてきている。特別指定選手として既に2アシストを決めている相馬勇紀のことかと思われるかもしれないが、今回は児玉駿斗のことである。何を今さらと言われそうだが、鳥栖戦で見せたシャペウはじめトリッキーなプレーの数々と、トレーニングで見せた軽やかなボールタッチを見るに、これは風間監督の選択肢をさらに広げることにもなるなと感じた次第。全日本大学選抜のイタリア遠征にしても「特に得るものは…いつも通りです」と振り返ってしまう大物は、底抜けの潜在能力をじわじわと我々に披露し始めている。

(残り 2540文字/全文: 2803文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ