【サッカー人気2位】新著『フットボール風土記』が求められる…

赤鯱新報

【赤鯱短信】見せろ、大和魂。武田洋平の決意ある1年に幸あれ。


「今年もいることになりましたよ…。今季も頑張りますよぉ…」

別に嫌がっているわけではない。ただ始動日の練習で疲れていたから声がか細かっただけである。声の主は武田洋平だ。昨年末のスポンサー感謝の会で少し雑談をした時、「試合に出てえよ…」としみじみ語ったのを見て、これは移籍もあるのかもと覚悟をしていたのだが、しかし武田は名古屋での2019年シーズンを選んでくれた。楢崎正剛が選手生活を終え、ランゲラックはアジアカップでチーム合流が遅れるという始まり方となったチームにとって、現体制のサッカーを知り尽くす武田がいてくれることは、練習のクオリティを保つ上でも、また有事の際にも心強いものだったに違いない。

(残り 1383文字/全文: 1681文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック