ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

赤鯱新報

9失点の惨敗から明日への糧をえぐり出せ。沖縄キャンプ最後の実戦は、反省点過多がゆえに収穫の多いものに。【2/9キャンプレポート】

今日は1本ごとにも少しずつ選手を入れ替えながら戦った名古屋。前田直輝がサイドを変えながらボールを受け、決定機につなげる。

結果は惨敗である。45分×4本を90分で2試合に区切っても、2‐6と1‐3だ。最後はFC東京がU-23チーム主体になっていたことを思えば、2‐9の大敗と捉えてもいいだろう。幸運だったのはこれがキャンプ中の練習試合だったということ。

(残り 2061文字/全文: 2305文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック