ザ・J2クラブの水戸が首位。2000年に取材した「水戸vs浦和」から思うこと(J論)

赤鯱新報

練習試合翌日でも必要だったフルコートゲーム。チームはキャンプの最後まで、鍛錬に鍛錬を重ねた。【2/10キャンプレポート】

最後は図らずも“総まとめ”あるいは“おさらい”の感が強いトレーニングセッションとなった。180分合計3-9の大敗となったFC東京との練習試合から一夜明け、チームは練習開始時間を30分早めて練習に臨み、風間八宏監督は20分のフルコートゲームを続けて3本行なうという、なかなかのスパルタ指導を見せた。

(残り 1575文字/全文: 1723文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック