サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

赤鯱新報

【G大阪vs名古屋】レビュー:強みと強かさ、そして強さを見せつけた吹田の90分。上手くて速くて勝てる名古屋の進化が止まらない。

■明治安田生命J1リーグ第3節
3月9日(土)G大阪 2-3 名古屋(15:03KICK OFF/パナスタ/26,865人)
得点者:1’赤﨑秀平(名古屋)36オウンゴール(G大阪)38’ジョアン シミッチ(名古屋)67’アデミウソン(G大阪)87’オウンゴール(名古屋)
———-
3戦連続クリーンシートはならなかったが、試合後のランゲラックの表情は明るかった。それこそがこの勝利の本質を語るものなのかもしれない。ボールを保持するチームにとって何より重要な先制点を開始34秒で奪い、追いつかれたその2分後に勝ち越し、再度追いつかれても最終的には相手を土俵際でうっちゃってみせた。失点は試合にはある程度つきもので、毎回をゼロに抑えるには相当のチーム力が必要である。順位表の上位に居続けるためにはそれでも勝つための行動をとれるか否かがカギであり、この日の名古屋は間違いなくそれを体現してみせたと言っていいだろう。彼らの闘いには、着実に地力が感じられるようになってきた。

(残り 3497文字/全文: 3928文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック