サッカーパック『今週の宇都宮徹壱おすすめ3本』

赤鯱新報

伊藤洋輝「ブスケツみたいにチームが上手く回るように自分がもっとボールを触っていきたい」長谷川アーリアジャスール「貢史がすごく良いところを見てくれていた」【名古屋vs大分】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 第2節
3月13日(水)名古屋 2-1 大分(19:03KICK OFF/パロ瑞穂/10,156人)
得点者:4’相馬勇紀(名古屋)41’長谷川 アーリアジャスール(名古屋)
———–
○伊藤洋輝選手
Q:今日は前回よりも後ろで多くボールをさばく姿が見られました。
「何と言うか、今日は裕紀くんが前に出ていっていたから。ビルドアップの時は裕紀くんが降りて、自分が高い位置をという感じだったけど、そこからサイドを変えながらボールを動かして、自分でチームがうまく回るようにやらなきゃいけないかなと思っていました。相手のクリアボールとかは相手のFWに入る前に自分のところで回収できていたので、継続していきたいなと思っています」

(残り 1445文字/全文: 1763文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック