「残留請負人」前讃岐監督・北野誠が語るJ2監督論。魔境を生き抜く極意とは?(J論)

赤鯱新報

可能性を探る作業はまだここからが本番か。それゆえに滾る男たちの反骨心。「言われたことを一から十まで全部やろうとして頭を混乱させてしまうよりも、一度整理をしているのが今です」(前田直輝)【3/22練習レポート】

時間になり、練習メニューの説明をする風間八宏監督。ニットキャップは防寒対策もそうだが、「風で帽子が飛んでっちゃうよ」と急遽着替えたものだった。

何がベストチョイスかを探るトレーニングは続く。昨日から本格的に習得が始まった3-4-2-1の新布陣は、今日になってまた新たな組み合わせがテストされた。2週間の“準備期間”は基礎の塗り直しと試行錯誤に充てられる様子で、キャンプとまではいかないが、かなりの強度をかけた練習が繰り返されている。

(残り 1899文字/全文: 2183文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック