今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

赤鯱新報

3バックにまた新たな選択肢。群雄割拠のチーム内競争に、チームの手応えは強まる。「FWでもボランチでも、自分のやるべきことを明確に意識しながらプレーできている」(長谷川アーリアジャスール)【3/23練習レポート】

楽しそうにウォーミングアップをするジョー。公式戦のない今週は良い意味でリラックスしている。

何やら2年前を見るようでもあった。今週を通して取り組んできている3-4-2-1への布陣変更は今日になってさらに選手起用の幅を広げ、チームとしての動きや特徴の違いにまたバリエーションが試されている。しかし迷っている素振りはなく、むしろ純粋に可能性を探っている作業に見える非公開練習試合前日の練習には、とにかく試行錯誤ばかりだった1年目の名古屋の姿がフラッシュバックすると同時に、現チームの懐の深さを改めて見る思いがする。

(残り 1656文字/全文: 1978文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック