『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

赤鯱新報

切磋琢磨を促進させる布陣とメンバーの再編成。「危機感でいっぱいなんですよ。でも、その方が良いその方がうまくいくと思っているんです」(長谷川アーリアジャスール)【3/26練習レポート】

選手が全員集まると風間監督が声をかけ、練習がスタート。日曜日の練習試合を経て、チームがどのような変化を見せるか注目である。

前週に見たものはチームへの刺激注入だったのか、オプション作りだったのか、それとも。マルヤス岡崎との練習試合を日曜日に行ない、1日のオフを挟んで迎えたトレーニングで見たチームは、またしても姿かたちを変えていた。見慣れた4バックに、少しだけ見慣れない選手の組み合わせが試された札幌戦への準備は、見る者に様々な考え方を提示するものにもなった。

(残り 2274文字/全文: 2572文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック