【サッカーパック人気2位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

赤鯱新報

【名古屋vs札幌】プレビュー:苦手克服のためにも貫き通す自分たちの流儀。充実の準備と豊田の歓声がその背中を後押しする。

■明治安田生命J1リーグ第5節
3月30日(土)名古屋vs札幌(14:00KICK OFF/豊田ス)
———-

2週間という時間を名古屋は実に有意義に使ってきたように思える。シーズン開幕から3週間を駆け抜けたチームをリフレッシュさせ、成功体験と反省点を明確に分析して次の一歩を導き出す。その上でオプションを含めた戦術的進化を選手たちに求め、ここまでも良質に競い合ってきたグループにさらなる競争意識を植え付けた。実戦さながらの削り合いにもなった紅白戦はまさに“争い”で、それは試合のための練習と呼ぶにふさわしいものと言えた。「負荷はそんなにないと思う。自分たちの速さという意味での負荷は上がっているとも思うけど」と風間八宏監督は振り返るが、“1週目”に行なった連日の紅白戦は週末に公式戦があれば絶対にやらないような厳しさだった。試合を最高の練習の場と考える指揮官の、本領が早くも発揮されたと思った。

(残り 2449文字/全文: 2849文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック