【サッカーパック人気2位】 リーグ戦は残留争いに目を向けざるを得ない 議論はどこを前提にするか【轡…

赤鯱新報

前田直輝「良い意味でヤンチャにという部分は少し出せたかなと。チャレンジして失敗していたので」【C大阪vs名古屋】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップ 第3節
4月10日(水)C大阪 3-0 名古屋(19:33KICK OFF/ヤンマー/5,728人)
得点者:10’水沼宏太(C大阪)15’水沼宏太(C大阪)82’福満隆貴(C大阪)
———–
○前田直輝選手
Q:今日のご自身のプレーを含め、試合をどのように振り返りますか。
「今までの自分とは、入り方を気持ちの部分を含めてリフレッシュというか、違う意味での良いモチベーションをもって入れていました。正直言えば一人かわしてからのミスとかトラップが上手くいかなかったりとか、ミスが多かったことは否めないですが、そこはどんどん上げていかなくてはいけないところではありますが、一人かわすとか、良い意味でヤンチャにという部分は少し出せたかなと。チャレンジして失敗していたので。課題が見えました。今までは課題にも辿り着けなくて、自分の中でもモヤっとして不完全燃焼していただけなので、そこまで行けているのであれば通さなければいけないとか、シュートまで行けているのであれば決めなくてはいけないとか。やっとそのステージに立てたかなと。ミスが多すぎるのは正直なところなのですが」

(残り 841文字/全文: 1330文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック