今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

赤鯱新報

【赤鯱短信】前進しつつも見失わない足元。宮原和也が醸し出す職人気質。


どんどん行け、と言われているらしい。これは監督命令でもある。宮原和也の動きが試合を経るごとに攻撃的になっていくのはなぜかと思い、本人含めて話を聞いてみると何のことはない、それはチームオーダーだったわけだ。「相当言われてるもんね」。長谷川アーリアジャスールはその様子を、苦労を慮るような、それでいて楽しんでいるような表情で教えてくれる。

それにしてもチームはついに、サイドバックにペナルティエリアへの侵入を求めるレベルにまで達してきたのである。チャンスがあれば行け、ではなくどんどん行け、だから宮原は大変だ。「もともと攻撃に行く印象はなかったですけど」と親友の中谷進之介が思うように、彼は守備に定評のある選手である。スピードがあり、何度でも言うが楢崎正剛クラブスペシャルフェローが「和也は守備のセンスは持っている」と認める感覚を持ち合わせる。年代別代表ではセンターバックを中谷と組んだこともあり、広島ではボランチや3バックで起用されてきたことからも、彼の軸足が守備にあることは明らか。その選手に風間八宏監督は次の課題を突き付けたわけである。攻撃でも仕事をしなさい、と。

(残り 1724文字/全文: 2206文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック