田代有三はなぜオーストラリアでセカンドキャリアをスタートさせたのか?(J論)

赤鯱新報

長谷川アーリアジャスール「僕のゴールよりもチームが勝つためのハードワークをどれだけできるか」吉田豊「崩して崩してというチャンスを作りたいし、関わっていきたい」【4/18練習後の選手コメント】

○長谷川アーリアジャスール選手
Q:今週はいろいろな確認作業をしていた印象ですが、どのように受け止めましたか。
「そうですね…これと言って何かが変わるわけではないです。この前の試合の反省を生かすという意味で、決めるところをしっかり決めるということ、守備もそうですが、しっかり自分たちでボールを持てるかというところ。監督はそこを言っていたので、高い位置でボールを持つことで切り替えを速くすることができると思いますから、そこは意識して練習していました」

(残り 2496文字/全文: 2718文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック