湯麺戸塚にいく(海江田哲朗)【J論】

赤鯱新報

【赤鯱短信】クロスオーバーするDFたちの思惑とトライ。名古屋の守備がいま、面白い。

いかに決定機を仕留めるかと同じか、それ以上に「水を漏らさない」ことが重要視されてきた昨今の名古屋で、面白い問題提起となったのが横浜FM戦での失点シーンだった。相手のミスから生まれたシャビエルの決定機が止められ、その後のゆったりとした展開から瞬く間に失点シーンが生まれた、あの一連の流れである。そこには現在の名古屋が志す守備の在り方と、その裏腹としてのリスクマネジメントについて考えさせられるところが非常に多かった。

(残り 2913文字/全文: 3120文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック