『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

赤鯱新報

“水曜日のガチ”を印象付けた質と強度の高い午後練習。「川崎戦で自分たちは同じレベルで戦えたところがあり、部分によっては同レベル以上のものを出せたと思っている」(ジョー)【5/19練習レポート】

観客の多さには風間八宏監督もニコニコ顔。選手たちと談笑しつつ、練習開始を告げた。

水曜日は勝ちに行く。その強い意志を感じたオフ明けのトレーニングであった。川崎戦の健闘から1日のオフを挟み、好天に恵まれた午後練習は1000人規模の観客が集まるにぎやかなものに。シュート一本に歓声が上がるような環境にも手伝われてか、週初めの練習とは思えないほどの強度がそこかしこに見られた。川崎戦が良い刺激になったのは間違いなく、勝てばグループリーグ突破を決められる水曜日の状況もあり、チームはかなりの本気度をもって現状に取り組んでいることを印象付けた。

(残り 1834文字/全文: 2169文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック