今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

赤鯱新報

強く、激しく、逞しく。強度の高さを求めた指揮官に、選手たちも全力で応えた。「球際やインテンシティを高める部分、そこが足りない部分だというメッセージを受け取りました」(千葉和彦)【7/16練習レポート】

続々と集まる選手たちは10分前には集合していた。風間八宏監督は7分前まで待って練習を前倒してスタートした。

C大阪戦の試合後に発した言葉は、そのまま次への指針として採用されたようだ。試合翌日の練習試合、そしてオフを経て再開されたこの日の練習のキーワードは強度、つまりインテンシティだった。技術や戦術を語る大前提である目の前の相手との闘争を、風間八宏監督はことさらに強調して次節への準備を始めた。

(残り 2452文字/全文: 2717文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック