都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

赤鯱新報

和泉竜司「押し込んでいけば自分たちのゲームにはなると思うので、距離感も含めてどんどん前に関わっていければと思います」【8/15練習後の選手コメント】

〇和泉竜司選手
「いつも通りの準備をしています。やることは変わりませんし、いつもと同じです。個人的に考えているのはボールを失わずに前へ行くことであったり、得点に絡むこともそうですし、守備では相手に出させない部分であったりを狙って、しっかり奪えるように変わらず意識していきます。相手が違っても、自分たちがボールを保持して、悪い失い方をしなければ相手の良さもあまり出ないと思うので、押し込んだ中で先制点であったり得点をしていければ、自分たちの試合になって行くと思います。そこはどういう風に持っていくかであるとか、最後のところも大事になってくると思います。

(残り 720文字/全文: 994文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック