【サッカーパック人気3位】 山下達也「映像を見て、問題点を改善したい」/J2 第36節 柏 vs…

赤鯱新報

【赤鯱短信】始まった青木亮太の新たな戦い。男は焦らず、じっくりとその道を進む。

言葉は少なかった。語るだけの材料が自分にはまだない、という雰囲気も言葉の端々には漂った。当然と言えば当然である。昨年の12月26日に左ひざの半月板を損傷し、今季はここまでひたすらリハビリに時間を費やしてきた。一昨季のJ2でのブレイクから、昨季は負傷を押しての出場を続けるなかでチームの苦境を一身に背負った生え抜きのタレントは、リーグ戦9試合を残すのみとなった時点でようやく戦列に復帰。復帰と言っても米本拓司のようにシーズン途中での負傷離脱ではなく、ほぼトレーニングらしいトレーニングをしてこなかった中での全体練習合流には、風間八宏監督ですら「あれだけ長くやっていないわけだからね」と起用を急ぎはしない考えを明らかにする。青木亮太は静かに、今は黙々としてサッカーを再開した。

(残り 1519文字/全文: 1855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック