Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

赤鯱新報

改めて強調された技術と強度という屋台骨。「監督の狙いに取り組みながらも課題を改善していくということは、やれていたところが多かった今日だと思う」(赤﨑秀平)【9/17練習レポート】

何としてでも仕切り直しを図りたいこのリーグ中断期に、名古屋はどのような部分から手を付けるのか。その答えが明確に示された二部練習は、実に示唆に富んだものになった。清水戦で彼らが選んだ戦い方はいわば“支流”に過ぎず、本流はビクともせずに流れを止めないでいる。当たり前とも予想通りとも言える今日1日のトレーニングは、名古屋の意地を見るようでもあった。

(残り 2251文字/全文: 2423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック