サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

赤鯱新報

【赤鯱短信】ジョーの不動心。点取り屋は“鍵穴”を求めてゴール前を征く。

ストライカーは、あくまでストライカーらしく“その時”を待っている。フィッカデンティ監督就任から3試合で2得点。チームはいま、前体制以上に決定力と得点、そしてそれを実現するゴールゲッターの覚醒を求めている。その適任が誰であるかに議論の余地はなく、ジョーが得点を獲ればチームが大きく前進することもまた間違いがない。しかし求めるだけで生まれるほどゴールとは簡単なものではなく、それを知る点取り屋はまるで焦ることをしない。ジョーは今、鍵を持っている状態なのだと言う。そしてゴール前に無数にある、ピタリと合う鍵穴を探している。

(残り 2143文字/全文: 2401文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック