プロ野球ファンがユニホームを来て野津田に大集合(J論)

赤鯱新報

さらに強度を高めた終盤戦への第一歩。「何より気持ちの部分で大きい。勝ったことが良いきっかけになって、チームの雰囲気自体がすごく良くなった」(太田宏介)【11/13練習レポート】

この後に待つ走り込みに向け、足を作っていく選手たち。今日のはほんとすごかった…。

走りに走ったオフ明けだった。チームのフィジカルベースが上がったからか、それとも前田直輝が神戸戦の早い時間帯で足がつったからなのか(実際、前田は「僕のせいで」と自虐的に話した)。1週間の始まりは走り込みからというのはもはやルーティンにもなっているが、ここまでの時間と負荷はなかったように思える。実に約30分間。残る3試合のサバイバルを生き残るためには、まだまだ立ち止まってはいられないということか。

(残り 1904文字/全文: 2211文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3 4
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック