【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

赤鯱新報

【赤鯱短信】ボールタッチ一つに漲る自信。山田康太はピッチでその価値を示せるか。

ようやくヴェールを脱ぐのではないかと期待しているのだが、どうだろうか。日々の練習での動きを見る限り、試合で見たいプレーを披露しているのが山田康太だ。今季はU-20日本代表の主力としてワールドカップでも活躍し、所属元の横浜Fマリノスでも戦力として数えられてきた俊英だが、成長を望んで一念発起、やってきた名古屋ではいまだベンチ入り1回のみと苦戦を強いられている。「自分はプレーしながらコンディションを上げていくタイプ」と語る男は前体制下でも紅白戦ですらなかなか出番をもらえず、パフォーマンス向上に苦慮していたのだが、フィジカルトレーニングの多い現体制では身体のキレを取り戻しつつあり、それに比例してプレーの質も上げてきている印象が昨今は強いのである。

(残り 1730文字/全文: 2053文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック