優勝候補は見えたか?J1上位5クラブの実力を査定する(J論)

赤鯱新報

【赤鯱短信】冷静に、しかし燃えたぎる深堀隼平。巡りくるワンチャンスを、次こそものにしてみせる。

「これからは『帰れ』と言われるまでシュート練習します」。深堀隼平はヤマハスタジアムを後にする際、悔しそうな表情でそれでも次を見た。翌週の最初のトレーニングでは宣言通りに後輩の成瀬竣平を誘ってクロスからの主と練習を敢行。その姿にキャプテンの丸山祐市もパス出し役を買って出た。以前と違ってトレーニングの負荷を管理するフィッカデンティ監督によって熱意の居残り練習はこれからというところでストップがかかったが、やはりストライカーにとってビッグチャンスを逃した感覚は深く心に刻まれている。「でも、まだチャンスが1試合残されていると思って、今週は取り組んでいるところはあります」。しかしそれはもう、次への意欲へと昇華されてもいた。

(残り 1458文字/全文: 1767文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック