【サッカー人気2位】M&Aのプロフェッショナルが…

赤鯱新報

前田直輝「このやり方で勝てたのは大きい」山﨑凌吾「コンディションを上げないといけない」【名古屋vs鹿島】試合後の選手コメント

■YBCルヴァンカップグループステージ
2月16日(日)名古屋 1-0 鹿島(14:03KICK OFF/パロ瑞穂/9,364人)
得点者:43’マテウス(名古屋)
———–
○前田直輝選手
Q:前半はかなり苦労していた印象です。
「こういうピッチ状況だし、長いボールが増えるだろうとは思っていました。けど、それでオレの胸にロングボールを蹴られてアタフタしたところもあったし、相手の最終ラインが3枚になってボールを回す時も、誰にプレッシングをかけるのかという部分も…そこは最終的には選手同士で話し合って、ここはサイドハーフが行くべきところとか、ハーフタイムにも監督からここはこうしてということを指示されたので。1点セットプレーで取れたからああいう試合展開になっていったのかもしれないけど、苦労はしましたね」

(残り 1680文字/全文: 2031文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック