【サッカー人気4位】小倉SDは天野純について「精神的にもフ…

赤鯱新報

【赤鯱探訪】第1回:小川佳純編①「名古屋を出たことで、多くを知ることができた」

言わずと知れた2008年のJリーグ新人王にしてベストイレブン。その実績で名古屋の栄光の背番号10を勝ち取り、2016年までの在籍10年間でチームに多くの結果をもたらしてきた男だ。2017年以降は鳥栖、新潟と渡り歩き、昨季限りで現役を引退。同時に関西サッカーリーグのFCティアモ枚方の監督に35歳にして就任し、話題となった。名古屋に縁のあるOBたちを訪ねる不定期連載「赤鯱探訪」の記念すべき第1回は、過去に連載企画もあって親しみも深い彼にお願いすることにした。名古屋グランパスが好きだからこそ、何も言わなかった契約満了から3年。引退のこと、そして新たな“サッカー人”人生について、たっぷりと小川佳純の言葉をお届けする。

「名古屋を出たことで、多くを知ることができた」

Q:まずは2016年に名古屋を契約満了になった、その後のことを聞こうと思います。
「まあ、この世界のことなので、契約がないと言われれば残りたくても残れないということです。もちろんそれは受け入れなきゃいけないことでした。でも自分から離れたくて離れたわけではないということは伝えたかったし、自分の中でもJ2に落としてしまったその責任というのは感じていたから、J1に上げるという仕事をしたいと思っていました。だからそれは…、ただ、正直なところを言えば自分は名古屋で現役を終えたいっていう気持ちがもちろんありましたけど、今は外に出たのも良かったと思えているんです。逆に。どっちが良いか悪いかなんていうのはこれからの自分のサッカー人生、というか、“サッカー人”人生かな、もちろんサッカーに携わっていたい中で、直志さんのようにずっと名古屋にいて、そこで引退するのもカッコいいけど、根がポジティブな人間なので。ああ、名古屋で終えたかったなって想いも最初はあったけど、外に出たら出たで、鳥栖に半年、新潟で2年半、他のチームのことを感じられたというのはすごく自分としては良かったなって思えます」

(残り 4701文字/全文: 5519文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック