【サッカー人気4位】【トピックス】短期集中連載『永井秀樹、…

赤鯱新報

【赤鯱超短信】鍛え上げられるスタッフ

今季からトップチームのコーチとなった竹谷昂祐コーチは大忙し。シーズン始動から練習のあらゆる場面で選手のいない穴を埋め、ご覧の通り紅白戦にだって出場する。ポジションはサイドバック、サイドハーフを中心にボランチもこなす万能ぶり。ガンバ大阪ユース出身で早稲田大では古賀聡現名古屋U-18監督の下でプレーし、大学の同期には片山瑛一(C大阪)や三竿雄斗(大分)、名古屋ユース出身の奥山政幸(町田)などがいるエリートだが、さすがに名古屋のハイレベルな選手たちの中に入っては苦労するのも当たり前。それでもプレシーズンには「ふくらはぎを圧迫しながらやってます(苦笑)」「キャンプが終わる頃にはサイドバックになれてますね(笑)」など笑顔を見せていた。現在、太田宏介は負傷離脱中だが、練習では「コースケ!」という声がよく聞こえるが、お間違えなく。

reported by 今井雄一朗

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック