【サッカー人気2位】緊急事態宣言解除、ひらちゃんインタビュ…

赤鯱新報

【赤鯱短信】先輩として、先生として、そしてプロフェッショナルとして。背番号9は雌伏の時を生きる。

一人何役をこなしたのかわからない。5月21日、長谷川アーリアジャスールが名古屋のU-18の選手たちを相手に“特別ミーティング”を開催。36名の真剣な眼差しを受け、時に憧れのトップチームの選手として、時に経験豊富なプロサッカー選手として、そして良き兄貴分、または人生の先輩として、アーリアは真摯に言葉を紡いだ。「ちょっとしたことかもしれませんが、みんなが少しでも考えてくれるようになったらいい」。国内外7クラブを渡り歩いた経験談に、高校生たちは聞き入っていた。

(残り 1913文字/全文: 2142文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック