【サッカー人気1位】実直なプレーで王者に対抗 献身性を見せ…

赤鯱新報

【赤鯱短信】対話から後輩への思い新たに。丸山祐市の過去とこれから。

長谷川アーリアジャスールが良き先生役を演じたならば、丸山祐市が選んだ役は“良き先輩”だった。しかも中学生の時は身長150cm台で試合メンバーに入れるかどうかだったと知れば、途端に何やら親近感も湧いてきたのではないか。日本代表経験もあるトップチームのキャプテンの学生時代が苦労と挫折の連続だったとは記事を検索すれば出てくる時代、しかし本人の口から直接聞けば説得力も増すというもの。「僕の体験談を聞いてもらうことによって、少しでも『もっと頑張ろう』と思ってもらえれば」という丸山先輩の心遣いは、しっかりと中学生たちに伝わっていた。

(残り 1371文字/全文: 1634文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック