観衆508人の衝撃(J論)

赤鯱新報

「開幕ではないですが、開幕戦を迎えるような感覚で取り組んできました」マッシモ フィッカデンティ監督試合前記者会見の様子


○マッシモ フィッカデンティ監督
Q:いよいよ明後日に試合が迫っています。今週の練習では何をテーマにしてきたか、選手に何を求めてきたかを教えてください。
「これだけ間が空いてしまいますと、4ヵ月ほどなので、開幕ではないですが、開幕戦を迎えるような感覚で取り組んできました。一発目から良い入りをしようということでやってきました。再開初戦から良い形で入りたいなというところで、コンディションをどれだけ良い状態にできるかというのは、いろいろあった最後の1ヵ月の中では難しいところもありました。しかし自分の感覚としては、そういう状況下においても十分な良い状態に持っていけたのではというものがありますので、そういった部分の声を選手にはかけて、言い聞かせながら取り組んできたのが、特に今週のテーマとしては良かった部分でした」

(残り 3344文字/全文: 3697文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック