【サッカー人気2位】大量被弾でコントロール喪失。深刻な6失…

赤鯱新報

前田直輝「何とか身体が重い中でもみんなで助け合って逆転できた」【清水vs名古屋】試合後の選手コメント

■明治安田生命J1リーグ第2節
7月4日(土)清水 1-2 名古屋(18:03KICK OFF/アイスタ/リモートマッチ)
得点者:18’金子翔太(清水)32’相馬勇紀(名古屋)40’オウンゴール(名古屋)
———–
○前田直輝選手
Q:再開初戦を見事な逆転勝利で飾られましたが、まずは試合の感想を聞かせてください。
「最初はスイッチの入れどころがどこなのかというところで後手を踏んで、失点した形からスタートしてしまって。何とか身体が重い中でもみんなで助け合って逆転できたのかなと思います」

(残り 1159文字/全文: 1402文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック