【サッカー人気3位】どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ…

赤鯱新報

【名古屋vs鳥栖】レビュー:今季初の連勝は鮮烈に、しかし淡々として。“安定感”は名古屋の武器となりつつある。

■明治安田生命J1リーグ第5節
7月18日(土)名古屋 1-0 鳥栖(18:03KICK OFF/豊田ス/4,827人)
得点者:62’前田直輝(名古屋)
———–
“ウノゼロ”と言えばイタリアのお家芸だが、フィッカデンティ監督はそれをそのまま良しとはしなかった。無敗をキープする今季初の連勝は、「合格点を与えたいと思う」と言いつつ欲は尽きない。ともすれば選手よりも勝利に貪欲なのではないかと思える指揮官の要求に応えるようにして、名古屋はまた一つ順位を上げた。負けて猛省、引き分けても反省、勝ってなお修正を目論む集団は、翌日も午前中から次なる準備に取り掛かる。

(残り 3005文字/全文: 3285文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック